広報・PR効果測定サービスのWebクリッピングの特長

サービス:Webクリッピングの特長

Webクリッピングには広報・PRにおいて重要な、メディア露出の効果測定のためのサービスが揃っています。

掲載種類の自動判別

パブリシティ、パブリシティ転載、リリース原文転載の記事判定をいたします。パブリシティはプレスリリースなどを元に、記事掲載元が記事を書き起こしたもの、パブリシティ転載はパブリシティの記事を許可を得て転載したもの、リリース原文転載はプレスリリースをそのまま各媒体に掲載したものです。これらは、広報・PRの効果を測る上で重要なものですので、自動で判別されたものをレポートで簡単に確認することができます。

キーワードの自動抽出

ご自身でイチからキーワードを設定するとなると、手間がかかるし精度がわからないといった不安があると思います。そこで、Webクリッピングではプレスリリースのタイトルや本文からキーワードを自動抽出する機能を設けました。キーワードの選定にかけていた時間や労力を節約できます。抽出されたキーワードが意図したものと違う場合は調整することも可能です。

AND・OR検索

社名や商品名、サービス名などを組み合わせて設定ができ、露出結果を絞り込んだり、広げての検索ができます。AND検索とは、「キーワードA かつ キーワードB かつ キーワードC」のように、条件をより特定していく方法です。条件を重ねていく検索方法なので、検索対象を絞り込むケースで使うと効果的です。結果はAND検索でない場合より少なくなります。OR検索とは、「キーワードA または キーワードB または キーワードC」のように、条件を広げていく方法です。一方にマッチしない場合でも一方でマッチしていれば記事を取得できるので、結果はOR検索をしない場合より多くなります。

分析ツールで見える化

分析ツールでは、設定されたクリップの比較を最大3つまで同時にすることができます。この比較機能を利用すれば、競合他社との比較や自社商品・自社サービスの比較も簡単に行うことができます。また、メディアの種類も細かく設定できるので、ピンポイントでの露出を測定することで、特定メディアへの対策などへも応用することができます。